fbpx

PDFをHTML5に替えると得られる、7つのメリットとはなにか?
メリット⑦WWWログ解析やGoogleアナリティクスを活用しやすくなります

アクセス解析ができない――ネットに載せたPDFの最大級の欠点に、どう対処していますか? あきらめて放置する必要はありません。PDFをHTML5/SVGに変換すれば、見た目はそのままでログ解析、アクセス解析が容易に実現できるようになります。
メリット⑦WWWログ解析やGoogleアナリティクスを活用しやすくなります

ネットユーザが自社サイトの「どこ」を見ているか知ることの重要性は、本コラムをお読みの方には説明不要でしょう。GoogleアナリティクスやWebサーバログ(WWWアクセスログ)によるアクセス解析で、どのページが見られているか、どのようにページ遷移しているかを把握されていることでしょう。

では、サイトに掲載しているPDFについてはいかがですか? 把握できているのはPDFのダウンロード数だけで、PDFコンテンツ内の閲覧動向は不明ということはありませんか?

PDFはファイルとしてダウンロードされ、その後に表示が行われます。PDFビューアで表示する際にはウェブサーバとは切り離されたオフラインに等しい扱いになります。ウェブブラウザでPDFを表示するときも同じです。

そのために、PDFのどのページを見たかや、どのページにどれくらい滞在したかといったアクセス解析の基本データをウェブサーバは取れません。「PDFだからしかたがない」と長らく言われてきた問題ですが、いまでは解決できるようになっています。PDF→HTML5/SVGに変換してサイト掲載することで、アクセス解析の対象にできるのです。

PDF内のどこを見たかを、しっかり把握

具体的には、①PDFファイルをHTML5/SVGに変換して、②HTML5/SVGをサイトで公開、③必要ならPDFファイルを公開終了、という手順になります。BuildVuは、PDFの“見た目”を正確に保ったままHTML5/SVGに変換するツールなので、PDFをHTMLページに置き換えるのに最適です。

PDFコンテンツをBuildVuで変換すると、PDFのページごとにHTML5/SVGが生成されます。これらをサイトにアップロードすれば、あとは通常のウェブページ同様にウェブサーバが配信してくれます。

HTML5/SVGは国際規格であり、主要なウェブサーバと主要なウェブブラウザはHTML5/SVGに対応しています。すでに電子書籍や電子カタログ(デジタルブック)がHTML5/SVGを利用しているので、多くの実績があります。

もう少し詳しくフォルダ/ファイル構造を見てみましょう(下図)。5ページ構成のPDFを、BuildVuでHTML5/SVGに変換しました。ブラウザでファイル「index.html」を読み込んでコンテンツを表示するのが通常のやり方で、このページではビューアの読み込みや初期ページの表示などを制御しています。1ページ目を表示する際には、ファイル「1.html」とフォルダー「1」が読み込まれます。この例では5ページあるので、「1」~「5」までファイル/フォルダが作られています。

■BuildVuが生成するファイル構造

BuildVuが生成するファイル構造

もうお気づきでしょう。PDFのページごとにHTMLファイルが生成されることで、いまお使いのアクセス解析ツールが、そのまま使えそうだと。さらにはHTMLページにコードを埋め込むタイプのアクセス解析ツールも、従来のHTMLページと同じようにアクセス解析の対象にできます。

BuildVuについて

BuildVuは、雑誌や図面などをHTML5/SVGで“見た目”どおりに表示するツールとして20年以上の実績があります。PDFからHTML5/SVGへの変換ツール、HTML5/SVGビューアは、ぜひBuildVuにお任せください。
PDFからHTML5/SVGへの変換入門は、こちらをご覧ください

ぜひ今すぐにBuildVuで、あなたのPDFファイルをHTML5に変換してみてください。変換と専用ビューアでの閲覧をこちらからお試しいただけます(メールアドレスの登録不要、無料です)
BuildVuオンラインコンバーター※1
https://www.idrsolutions.com/ja/online-pdf-to-html5-converte

※1 開発元のIDRsolutions社の提供するサービスです。

    Share on facebook
    Facebook
    Share on twitter
    Twitter
    Share on email
    Email
    BuildVuブログ

    HTML変換でPDFを活用するための実践講座

    MENU
    PAGE TOP