fbpx

そのPDF資産、もっと見てもらえる情報源に変えましょう・・・ひと手間かけるPDF活用の5大効果

PDFファイルをサイトにアップしただけ? それはもったいない!! もっと読まれる、もっと検索されるWeb活用の方法があります。お手軽なのに効果バツグンなので、やらない手はありません。
そのPDF資産、もっと見てもらえる情報源に変えましょう・・・ひと手間かけるPDF活用の5大効果

たくさんあるPDFファイルを再活用しましょう

ネット(Webサイト)の来訪者を増やしたい、掲載する情報量を増やしたい――でも、原稿やイラストを作る時間もコストもかけられない。そんな風に行き詰っているなら、お手持ちのPDFが役立ちます。

印刷用のカタログをPDF化してネットに載せているし、すでにPDFファイルはたくさんネットで公開済み? 実はPDFをネットで公開しても、最近ではそれほど閲覧されないという“落とし穴”があるのです。

その原因や技術的な難しいことは省いて、結論からお話ししましょう。PDFファイルをHTMLファイルに変換して、通常のWebページと同じ形式で公開するだけで、以下の5つのメリットを得られます。

PDF→HTML変換すると得られる5大効果
1.すばやい閲覧、ファイルサイズが小さくて高速に表示 閲覧者メリット
2.ビューアアプリのインストールなしで見られる 閲覧者メリット
3.スマホでもタブレットでもPCでも、最適なUIで見られる 閲覧者メリット
サイト運営者メリット
4.検索エンジンで見つけたページに飛べる 閲覧者メリット
サイト運営者メリット
5.PDF内の閲覧履歴が取れる、SEOを向上できる サイト運営者メリット

5大メリットのそれぞれを手短に解説しましょう(弊社PDF→HTML変換ツールBuildVuで変換すると得られる特長です)。

PDFがネットで閲覧されにくい理由と対策は過去のblogで紹介してきました。
ご興味のある方はこちらをご覧ください。BuildVu blog 掲載一覧

1. すばやい閲覧、ファイルサイズが小さくて高速に表示

100ページある文書の95ページ目を見たいとき、HTMLなら95ページ目のデータだけ受け取れます。1ページ分だけならデータ量が少ないのですばやく受信できて、テンポよくサクサク閲覧できます。「もっと見ちゃお!」という気分を引き出せるでしょう。

PDFは、100ページ全部のデータを受け取り終わってから、95ページ目を表示します。

2.ビューアアプリのインストールなしで見られる

HTMLなら標準で付属しているWebブラウザで見られます。「別アプリが必要なら閲覧はやめよう」となるのを防げます。子どもやシニアなど、アプリのインストールに慣れしていない人にも、不安感を与えることなく安心して見てもらえます。

WebブラウザのPDF表示機能は簡易的なもので、ページ数が多かったり複雑な構成のPDFは表示できなかったり、ハング(動作の停止)します。PDF表示機能のないWebブラウザもあります(とくにスマホ)。

3.スマホでもタブレットでもPCでも、最適なUIで見られる

目次(サムネール)、ページ送り、検索などの操作メニュー(UI)を、コンテンツに合わせて変えられます。グラフィックな雑誌は見開き表示で、取説は目次と検索枠を付けるといった配慮をコンテンツ提供者ができます。

PDFにも類似機能がありますが、検索エンジン経由だと、その設定が無視されて、デフォルトのメニューで表示される欠点があります。

4.検索エンジンで見つけたページに飛べる

検索エンジンで調べて、検索候補をクリックすると、その情報にしっかり飛ぶことができます。検索エンジンとの相性がよく、すばやく探せて、そこをしっかり読めるのがHTMLです。

検索エンジン経由でPDFをクリックすると、常にPDFの1ページ目が開きます。検索エンジンでヒットした情報のページが開くわけではないので、「情報はどこにあるの?」と迷いがちです。

5.PDF内の閲覧履歴が取れる、SEOを向上できる

閲覧したページ、ページ滞在時間といった閲覧履歴データを取得できるようになります。しかも既存のHTMLページの閲覧履歴分析やWWWログ分析のツールが使えます。

PDFで把握できるのは、PDFファイルのダウンロード数だけです。PDF内の閲覧動向は把握できません。

専用ツールソフトを使えば、PDF→HTML変換はかんたんです

PDFのHTML化は、専用の変換ツールを使うのがお手軽・確実です。変換ツールはフリーのものから有償のものまでいろいろありますが、レイアウトが崩れない特長を備えたものを選ぶと、変換結果をそのままWebサイトに掲載できて、作業が楽になります。

なかでも弊社のPDF→HTML変換ツールBuildVu(ビルドビュー)は、雑誌や図面もズレない高性能で、PDFとそっくり“見たまま”のHTMLを再現できます。日本語の横書きは当然として、縦書きやルビ(ふりがな)にもしっかり対応しています。

PDF資産の再活用に興味がわきましたか? それなら、お手持ちのPDFファイルをHTMLに変換して、BuildVuビューアで閲覧してみませんか? 無料のオンライン変換で、いますぐお試しいただけます(メールアドレスなどの登録も不要です。末尾の手順をご覧ください)。

この分野の業界代表ともいえるPDF→HTML変換ツールBuildVuで、正確な変換とBuildVuビューアによる快適な閲覧をぜひご体感ください。

BuildVuについて

BuildVuは、雑誌や図面などをHTML5/SVGで“見た目”どおりに表示するツールとして20年以上の実績があります。PDFからHTML5/SVGへの変換ツール、HTML5/SVGビューアは、ぜひBuildVuにお任せください。
PDFからHTML5/SVGへの変換入門は、こちらをご覧ください

ぜひ今すぐにBuildVuで、あなたのPDFファイルをHTML5に変換してみてください。変換と専用ビューアでの閲覧をこちらからお試しいただけます(メールアドレスの登録不要、無料です)
BuildVuオンラインコンバーター※1
https://www.idrsolutions.com/ja/online-pdf-to-html5-converte

※1 開発元のIDRsolutions社の提供するサービスです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email
BuildVuブログ

HTML変換でPDFを活用するための実践講座

常に最新版を見せたいならPDFは廃止。PDF→HTML変換で解決しましょう

話がかみ合わないのは、相手が古いPDF文書を見ていたのが原因だった。HDDにあったPDFの設計図書や規定をもとに業務を進めたらトラブった。こんな失敗を防ぐには、常に最新版を見せる仕組みが必要です。最新のHTML技術を使い“脱PDF”すれば、手軽に実現できます。

MENU
PAGE TOP