MENU

BuildVuをPythonから実行する

PythonでBuildVuを使用するには3つの方法があります。

1.subprocess を介して、コマンドラインを使用します。
2.アプリケーションサーバー上でBuildVuをホストし、それをWebサービスとして実行すると、REST API経由で利用できます。
3.Py4Jのようなフレームワークを使って、PythonとJavaの間に「ブリッジ」を作り、BuildVuとやり取りします。

オプション1:subprocessを使用してコマンドラインからBuildVuを実行する

※このオプションを使用するには、Javaのインストールが必要です。

次のコードは、指定されたコマンドを実行し、結果をコンソールに出力します。

from subprocess import call
cmd = 'java -jar path/to/buildvu.jar path/to/input.pdf path/to/output/directory'
call(cmd)

変換設定は、コマンドでシステムプロパティを渡すことによって制御されます。 詳しくはこちらをご覧ください。

オプション2:アプリケーションサーバー経由でBuildVuを実行する

1.アプリケーションサーバーでBuildVuを設定する手順については、はじめに>アプリケーションサーバーにBuildVuをデプロイするをご覧ください。
2. pipを使用して、BuildVu Python Clientパッケージを次のコマンドでインストールします。

pip install buildvu

3.Python BuildVu Client GitHubリポジトリにアクセスして、プロジェクトのBuildVuとの利用方法のサンプルコードと手順を確認できます。

PyPI上のPython BuildVu Clientパッケージをご覧いただけます。

オプション3:Py4Jを使ってBuildVuを直接実行する

このオプションを使用するには、JavaのインストールとJavaの基本知識が必要です。

Py4Jなどのフレームワークを使用してBuildVuを利用することができます。
ブログ記事:他の言語のJavaコードを実行する(英語)を参照

最終更新日: 6月 23, 2018
BuildVu_SML

こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

PAGE TOP