Google Cloud Platformで BuildVu を実行する

< 前に戻る

Google Cloud Platform で BuildVu を実行する最も簡単な方法は、スタンドアロンインスタンスで単一のコンテナを実行することです。
これを行うには、インスタンスを作成するときにコンテナイメージを指定します。

最初に GCP でプロジェクトを作成します。

プロジェクトの準備が完了すると、次のような画面が表示されます。

ナビゲーションメニューの「Compute Engine」をクリックすると、初めての場合は次のような画面が表示されます。

Compute Engine の初期化が終わると、「作成」ボタンがアクティブになります。
クリックすると「インスタンスの作成」画面が表示されます。

インスタンスに名前を付けて、近くの地域を選択します。
ゾーンとマシンの構成はデフォルトで問題ありません。

「この VM インスタンスにコンテナイメージをデプロイします」にチェックを入れると、イメージ名を入力できる新しいフィールドが表示されるので「idrsolutions/buildvu」と入力します。

 

「コンテナの詳細オプション」をクリックして開きます。
BuildVu をダウンロードするには、BuildVu ライセンスの情報を環境変数として設定する必要があります。

トライアルトークンは、 トライアルの申し込み時に発行されます。トライアルの申込みはこちら

環境変数の設定は「環境変数」の下の「変数の追加」をクリックします。
トライアルユーザーの場合は、次のように設定します。

製品版の場合は「LICENSE_USERNAME」と「LICENSE_PASSWORD」およびライセンスを所有している「PRODUCT」の名称(buildvu、buildvu-html、buildvu-svg のいずれか)を入力する必要があります。

コンテナーが実行されると、APIを介して変換の結果をダウンロードできます。
さらに、作成されたファイルをボリュームに保存し、直接アクセスすることもできます。
そのためには、「ボリュームのマウント」の下にある「Add volume」をクリックして、コンテナーにボリュームをマウントする必要があります。
次のようにフォームに入力し、「完了」をクリックします。

HTTPS 暗号化を使用する場合(推奨)、SSL証明書と秘密キーをアップロードできる追加のボリュームも定義する必要があります。

「ファイアウォール」セクションまでスクロールし、「HTTP トラフィックを許可する」と「HTTPS トラフィックを許可する」をクリックしてから、「作成」をクリックします。

インスタンスが作成され、準備が整うと次の画面が表示されます。

インスタンスが作成されたら、数分待ってから「外部IP」の横のアイコンをクリックし、アクセスします。
すると環境変数で指定した認証用のユーザー名とパスワードの入力を求められます。
正しければ、「BuildVu Microservice Example」と画面に表示されます。

これで、http://<外部IP>/buildvu に対し API 呼び出しを行うことができます 。

HTTPS の有効化を完了するには、インスタンスの実行後に certificate.crt、private.key および ca_bundle.crt ファイルを /home/ssl にアップロードし、再起動する必要があります。
SSHボタンをクリックして、Webコンソールにてその作業を行ってください。

BuildVu は証明書の存在を検出し、HTTPS モードで起動します。
すべての HTTP トラフィックは、HTTPS 暗号化を使用するように自動的にリダイレクトされます。

インスタンスの使用が終了し不要になった場合は、請求が発生しないように削除することを忘れないでください。

注意:上記の手順を使用してディレクトリを共有ボリュームとしてマウントした場合、インスタンスを削除するとマウントされたフォルダーも削除されます。保持したいドキュメントをすべてダウンロードしてから削除を実行してください。

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

    MENU