PDFをHTML5に替えると得られる、7つのメリットとはなにか?
メリット⑤スマートフォン、タブレット、PCまで幅広く対応できます

画面サイズに合わせて表示を変えるレスポンシブWebデザインは当たり前ですが、PDFは対象外のままです。「PDFは読みづらい」というスマホユーザの不満に正面から向き合わなくていいのでしょうか? PDFをHTML5/SVGに変換して掲載するのが、レスポンシブ対応への近道になりますよ。
サイト運営者はPDFをどうするか考えないといけない時期に来ています

スマホで快適にウェブページを読んでいて、あるリンクをタップしたら小さな文字のページが開いて、「ああ、PDFだった」と気付くことがあります。IT系の方や、すでにIT慣れしていて、PDFとはどのようなものかを知っている方は、「PDFって、そんなものだ」とわかっているので、「あとで画面の大きなPCで見よう」と気楽にとらえるでしょう。

一方でそれ以外の方は、「なんで急に読みにくい画面になるの!!」と、まずはびっくりして、拡大とスクロールしながら読むのに疲れて、最終的には不満や怒りを感じてしまいます。いまではネット閲覧はスマホで、家にPCは持っていない方も多いので配慮しないわけにはいきません。

これは消費者や生活者向けだけではなく、業務ユーザ向けのサイトでも似た傾向です。例えば建築・工事などの現場では、まさに足場やハシゴの上で、スマホでマニュアル類を調べる機会が増えています。作業車や現場事務所に戻ってPCで検索するより手軽なので、そうなるのも当然です。

個人向けも業務向けも、サイト運営者はPDFをどうするか考えないといけない時期に来ています。

スマホユーザ向けPDFをどうする?

スマホユーザ向けPDFをどうする?

PDF→HTML5/SVG変換ツールが解決策になります

PDFをやめる = PDFコンテンツをHTML系のページに移行する? それはウェブページを作り直すのに等しくて、労力や費用的にぜったい無理だと思うかもしれません。大丈夫です、現実的な方法を紹介しましょう。

BuildVuの提供するPDF→HTML5/SVG変換ツールを使うと、PDFの“見た目”を保ったままでHTML5/SVGに変換することができます。もちろん、近年のほぼすべてのスマホ/タブレット/PCが搭載するウェブブラウザで閲覧できます。さらにBuildVuは、それらのブラウザで動作する高度な閲覧機能を備えたHTML5/SVGビューアを標準提供しているので、従来のPDFビューアと同じような閲覧機能(表示、検索、目次など)を提供できます。

ここまでが第1段階の作業で、PDFをやめてHTML系に移行することができます。ページを開いたときの文字サイズなどはBuildVuで設定できるので、文字が小さすぎるといった不満を減らす運用が可能になります。操作メニューの表示を最小限にすることで、狭い画面でもなるべく多くのコンテンツが見えるなどの配慮も可能です。

つぎの第2段階で、変換したコンテンツをスマホにも対応するよう、レスポンシブWebデザイン、アダプティブWebデザイン、ダイナミック配信などの仕組みを利用して、スマホに(も)対応するよう変更を加えます。まずは文章をリフロー表示(画面幅に合わせて文章を改行)にするだけでも、かなりの違いがでます。

PDFでは、「横○文字で表示」というような固定フォーマットが基本です。PDFビューアは、その指示の通りに表示するので、小さな画面のスマホでは、行が画面からはみ出してしまい読みづらいのです。PDFビューアの中には、その指示を無視してリフロー表示する機能を持つものがありますが、端末の標準ブラウザで、拡張機能の追加やアプリのインストールなしでリフロー表示するものは、いまのところ見当たりません。

 

第1段階で手早く脱PDFを果たし、第2段階で順次、コンテンツをスマホ対応にするとよいでしょう。

BuildVuについて

BuildVuは、雑誌や図面などをHTML5/SVGで“見た目”どおりに表示するツールとして20年以上の実績があります。PDFからHTML5/SVGへの変換ツール、HTML5/SVGビューアは、ぜひBuildVuにお任せください。
PDFからHTML5/SVGへの変換入門は、こちらをご覧ください

ぜひ今すぐにBuildVuで、あなたのPDFファイルをHTML5に変換してみてください。変換と専用ビューアでの閲覧をこちらからお試しいただけます(メールアドレスの登録不要、無料です)
BuildVuオンラインコンバーター※1
https://www.idrsolutions.com/ja/online-pdf-to-html5-converte

※1 開発元のIDRsolutions社の提供するサービスです。

    Share on facebook
    Facebook
    Share on twitter
    Twitter
    Share on email
    Email
    BuildVuブログ

    HTML変換でPDFを活用するための実践講座

    PDFは使用禁止(ウェブ閲覧用途)――英国デジタル政府の先進性

    「PDFはオンライン閲覧に向かないから使うな」という英国の流儀はご存知? 英国政府は10年ほど前から、読みやすい・検索しやすい・再利用しやすいを実現するデジタル改革を進めています。PDFは、これらに反するというのです。どういうことでしょう?

    PDFの表示が始まるまでが遅い! なぜ? 対策は?

    ネットのPDFの表示開始までに時間がかかる不満を聞いたことはありませんか? これはダウンロード完了まで表示が始まらないのが原因です。PDFの“見た目”そのままのHTML5/SVGに変換してネットに載せれば問題解決。すばやい表示を実感できます

    PDFをHTML5に替えると得られる、7つのメリットとはなにか?
    メリット⑦WWWログ解析やGoogleアナリティクスを活用しやすくなります

    アクセス解析ができない――ネットに載せたPDFの最大級の欠点に、どう対処していますか? あきらめて放置する必要はありません。PDFをHTML5/SVGに変換すれば、見た目はそのままでログ解析、アクセス解析が容易に実現できるようになります。

    PDFをHTML5に替えると得られる、7つのメリットとはなにか?
    メリット⑥高画質と省データを両立できるのがHTML5/SVGです

    スマホユーザはネットのPDFが嫌いです。理由は「見られるまで時間がかかる」、「ムダなパケ代がかかる」の2つが代表的。ネットではスマホユーザが圧倒的に多いのですから、根本的な対策をするべきです。PDFをHTML5/SVGに変換してネットに掲載――これで不満を解消できます。

    PAGE TOP
    MENU