fbpx

PDFオブジェクトの解析ツールのお薦めは?

プログラマ目線でPDF規格を学びましょう―― PDFファイルの内部構造を見る・調べるツール、RUPSとPDFXplorerを紹介します。

著者 Mark Stephens (IDRsolutions)  翻訳 BuildVu日本チーム

PDFと連携するソフトウェアを開発するとき、しばしばPDFファイルの中味を見たり、内部構造を確認したくなります。PDF規格はテキストとバイナリが混在するので、テキストエディタで開けないこともあります。そもそもPDF規格は複雑です。そこで、PDFの内部構造を“理解”したうえで、各オブジェクトの内容を表示できるツールを使う必要があります。

RUPS

RUPSはiText社が提供するツールで、PDFファイルを開いたり、PDFオブジェクトのデータを見ることができます。GUIで操作できるのでわかりやすく、PDFオブジェクトの奥深くまで調べる機能があります。PDF関連ソフトウェアの開発や、手持ちのPDFの内部構造/データを確認する際の手間と時間を大きく節約できるツールです。

RUPS iText社 (オーブンソース、試用後は有償)
こちらからダウンロードできます。
https://itextpdf.com/products/rups

たとえば、下記のPDFファイルをRUPSで見てみましょう。

RUPSではタブ形式でオブジェクトが整理され、いろいろなやり方でオブジェクトを表示できます(下図)。例えばPDFのメイン画像のXobjectを見たければ、左タブのXobjectをクリックします。すると下部の右ペインに画像が、左ペインにオブジェクトに関する情報が表示されます。

このPDFファイルは、中味をテキストエディタで見ることができるものでした(下図)。しかしこれでは、ファイル構造やオブジェクトの詳細をひと目で理解することはできません。やはりRUPSのようなツールを使うべきでしょう。

PDFXplorer

PDFXplorerは、O2 Solutions社の提供するフリーのPDF解析ツールです。Windows専用のコンパクトなフリーウェアで、PDFの内部構造をツリー形式で表示します。

PDFXplorer  O2 Solutions社 (フリーウェア、無料)
こちらからダウンロードできます。
https://www.o2sol.com/pdfxplorer/overview.htm

あるPDFファイルをテキストエディタとPDFXplorerで開いてみました。

こちらがテキストエディタで開いたPDFファイルです

こちらがPDFXplorerで開いたPDFファイルです

PDFXplorerでは、PDFオブジェクトのそれぞれの属性を表に似た形式で表示します。タブから操作を選択しながら、PDFファイルのあちこちに移動してデータを見たりコピーしたりできます。

例えばPDFファイルに組み込まれているJavaScriptが扱うオブジェクトはどれかを調べたり、PDFファイル内の画像データをコピーしたいとき、PDFXplorerを使えばお手軽に作業できます。

取り扱い製品について

PDF規格は複雑なうえに、過去からの積み重ねで非常にわかりにくくなっています。PDF連携ソフトウェアの開発では、英国IDRsolutions 社のPDF関連製品(変換ツール、ライブラリ、ソフトウェア部品など)を、ぜひご検討ください。
IDRsolutions はPDF関連ツールを20年以上に渡って開発・提供し続けています。PDF分野の老舗企業として、世界中の企業や公的機関にご活用いただいています。
日本では株式会社インターワークがIDRsolutions社の日本総代理店として取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

VIEWING PRODUCTS
BuildVu

PDFをHTML5やSVGに変換

PDFのフォームをHTML5に変換

SDK PRODUCTS
JPEDAL

PDFファイルの表示、変換、抽出

多くの画像ファイル形式を読み書き、変換、操作、処理

Facebook
Twitter
Email
BuildVuブログ

HTML変換でPDFを活用するための実践講座

PDF軽量化はHTML変換が効果的・・・閲覧者・制作者の両方が喜びます

PDFの圧縮では、画像の解像度を下げるなどの基本的な対処をしますが、その後は簡単にできる対策はありません。そうなったらPDFのままファイルサイズを減らそうとせず、HTMLに変換するのが効果的です。ウェブで見ることが多い文書なら、この方が閲覧者からも喜ばれます。

MENU
PAGE TOP