fbpx

イメージインターレースとは?

イメージインターレース(画像のインターレース)とは画像内の交互の行にデータを埋め込むことで、画像が完全に描画される前にそのイメージを可視化する手法です。
開発者ブログ

著者 Amy Pearson (IDRsolutions)  翻訳 インターワーク

通常の画像では、1行目のピクセルが表示され、次に2行目のピクセルが表示されるというように、画像が上から下へ読み込まれるにつれて表示されます。つまり、画像がほぼすべて読み込まれるまでは、その画像をあまり見ることができないのです。もし、画像の4行目(または2行目、10行目)すべてを最初に読み込んでから、その隙間を埋めていけば、すぐに大まかな画像が画面に表示されます(私たちの脳は隙間を埋めるのがとても上手なのですが)。その効果は、画質の低い画像が急速にロードされ、ロードが進むにつれて画質が改善されることです。これがインターレースの特徴です。

インターレースはなぜ使われるのですか?

インターレースは、不鮮明な画像をすぐに見ることができるため、ユーザーに画像の読み込みが速いという印象を与えるために使用されます。現在では、より速いスピードとより高い帯域幅が利用できるため、ほとんどの場合、画像がインターレースであるかどうかは気にならないでしょう。しかし、ファイルサイズが大きい場合や、ユーザーの接続速度が遅い場合には、インターレースが有効です。

インターレースに対応しているフォーマットは?

インターレースに対応しているフォーマットは、GIF、JPEG、JPEG2000、JPEG XR、PNG、PGFです。それぞれ異なるアルゴリズムで実現しています。

インターレースされたJPEG画像は「プログレッシブJPEG」と呼ばれ、ビデオのプログレッシブスキャンと混同しないように注意してください。

Javaのイメージライブラリである JDeliでは先日PNGのインターレースを追加しました。JDeliではBMP、GIF、HEIC、JPEG、JPEG2000、PNG、TIFF、WEBPの画像とPDFに書き出せます。

※PGF (Progressive Graphics File)は、プログレッシブ圧縮を使用して圧縮されたベクター形式の画像ファイルフォーマットです。
JPEG XRは、高品質な画像を高圧縮率で表現するマイクロソフトが開発した画像フォーマットです。非可逆圧縮と可逆圧縮に対応し、プログレッシブモードで保存可能。静止画像やHDR画像を保存するために使用されています。

メリットとデメリットは?

メリット デメリット
画像が最初からぼやけた状態だが見える ファイルサイズが大きくなる   
読み込み時間が早くなったように見える

1行のコードで画像の読み書きを開始する

読む: BufferedImage image = JDeli.read(streamOrFile);

書く: JDeli.write(myBufferedImage, OutputFormat.HEIC, outputStreamOrFile)

 

Javaで画像を扱う開発には多機能・高性能な開発ライブラリー(SDK) JDeliがきっとお役に立つことと思います。JDeliは無料で試用していただけます。画像フォーマット変換の機能や動作速度などを、まずはご自身の環境でご確認のうえ、ぜひ導入をご検討ください。

    Facebook
    Twitter
    Email
    公式ブログロゴ

    製品に関する記事や開発者のブログ

    PDFファイルに画像はどのように格納されていますか?

    マークは1999年からJavaとPDFに携わっており、NetBeansの大ファンです。カンファレンスでの講演が趣味です。今回は、PDFファイルに表示される画像はどのように格納されているのかを説明します。例えばMicrosoft WordでPNGやJPEGの画像を配置して、PDFファイルに書き出したときどのように画像ファイルは処理されているのでしょうか?

    Javaのバージョンと機能 − Java 9から23まで

    IDRSolutionsのプログラマーで、社内のJavaテストを担当しているKieran氏は余暇はガジェットとコードいじりを楽しんでいます。
    今回、開発者向けブログ記事で、Javaのバージョンとその機能について詳しく解説しています。IDRSolutionsが現在サポートしているJava 8から、今後サポートを検討しているJava 9から23まで、各バージョンで追加された新機能を紹介します。

    PDFが引き起こす、ウェブサイトにおける5つの深刻な課題

    PDFの悩みを一気に解決!BuildVu(ビルドビュー)が実現する、次世代のドキュメント戦略とは?
    レイアウトを保ったまま、検索性やモバイル対応を実現。社内の膨大な情報資産を、誰もがアクセスしやすいHTMLに自動変換。BuildVuで、ビジネスに眠れる情報の力を呼び覚ましましょう!

    PDFファイルを扱うシステム開発・ウェブ開発に役立つ

    開発者向けPDF入門ガイド

    開発者向けPDF入門ガイド

    PDFの基礎から応用まで開発者のための入門ガイド2024年版

    PDF の仕様や活用方法など、開発者に必要な情報がコンパクトにまとめました。初めてPDFを扱う開発者にも分かりやすく、基礎から応用までカバーしているため、PDF のポテンシャルを最大限に引き出し、アプリケーション開発やドキュメント管理の効率化を図るための手引きとなるでしょう。技術的な側面に興味がある開発者だけでなく、ビジネスでPDFを有効活用したい方にもおすすめの一冊です。

    MENU
    PAGE TOP
    ロボット
    PDFソフトウェアの開発に役立つ情報をメールでお届けします