fbpx

PDFの目次(しおり/ブックマーク)を移行する方法

OCR処理を行ったり、ページサイズを変更することで、消えてしまうPDFの目次(しおり/ブックマーク)データをそのリンクもそのままに移行する方法をJPedalを使って簡単なコードで実現する方法を解説します。
PDFの目次(しおり/ブックマーク)を移行する方法

意外に難しいPDFの目次(しおり/ブックマーク)データの移行

紙のドキュメントをスキャナーで処理しPDFファイルにした、テキストがデジタルでは無いPDFのドキュメントには、よく目次(しおり/ブックマーク)が付けられていることがあります。最近ではテキストをOCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)を使って文字をデジタル化することも多くなってきました。

ところがPDFはOCR処理をしたり、PDFのページサイズを変更したりすると、新たにPDFファイルが書き出されるために、ほとんどの場合は目次がなくなってしまいます。

目次テキストは書き出せても、リンクが失われてしまう

Adobe社のAcrobatやPDFツールを使うことで、目次のテキストデータはPDFから書き出すことができ、新しいPDFへインポートすることはできます。ところが肝心な目次を押してリンク先へ飛ぶ機能は失われてしまうので、また、手作業で一つ一つリンクを設定しなければなりません。

1つや2つのファイルであれば手作業でも可能ですが、何百のファイルやページ数が数百ページあると手作業でやり直すのは非常に時間がかかり効率的ではありません。

JPedalを使えば簡単にPDFの目次(しおり/ブックマーク)を移行できます

JPedalは、開発者が簡単にJavaでPDFファイルを表示、変換、印刷、解析できるようにするJava SDKです。JPedalを使うことで、元のPDFの目次のデータを抽出し、新しいPDFへ目次を書き込むことが可能になります。目次はリンクも元のPDFと同様に新しいPDFへ移行しますので、数百ページのPDFの目次(しおり)の移行が簡単に行えます

Javaを使って目次(しおり/ブックマーク)をコピーするサンプルコード

まず、目次をDocumentオブジェクトに読み込みます:

				
					// 読み込み
final ExtractOutline extract = new ExtractOutline("source.pdf");
extract.openPDFFile();
final Document outlines = extract.getPDFTextOutline();
extract.closePDFfile();

				
			

そして、Documentオブジェクトを出力先PDFに書き込みます:

				
					// 書き込み
final OutlineWriter writer = new OutlineWriter("destination.pdf", outlines);
writer.writeOutline();
				
			
コマンドラインを使った目次(しおり/ブックマーク)の移行方法のサンプルコード

JPedalは、PDFファイル間でしおりをコピーする便利なコマンドラインメソッドも提供しています:

				
					// 読み込み
final ExtractOutline extract = new ExtractOutline("source.pdf");
extract.openPDFFile();
final Document outlines = extract.getPDFTextOutline();
extract.closePDFfile();

				
			

JPedalはPDFをシステムで扱う時に、非常に役立つJavaのSDKです。

JavaのPDFビューア、PDFファイルを画像に変換、PDFファイルの検索、PDFファイルの印刷、画像の抽出、テキストの抽出、メタデータの抽出、アノテーションの編集と追加などが数行のコマンドで実行できます。

無料のトライアルも提供していますので、ぜひ一度お試しください。

JavaでPDFを扱う開発には多機能・高性能な開発ライブラリー(SDK) JPedalがきっとお役に立つことと思います。JPedalは無料で試用していただけます。まずはご自身の環境で機能や品質をご確認のうえ、ぜひ導入をご検討ください。

取り扱い製品について

PDF規格は複雑なうえに、過去からの積み重ねで非常にわかりにくくなっています。PDF連携ソフトウェアの開発では、英国IDRsolutions 社のPDF関連製品(変換ツール、ライブラリ、ソフトウェア部品など)を、ぜひご検討ください。
IDRsolutions はPDF関連ツールを20年以上に渡って開発・提供し続けています。PDF分野の老舗企業として、世界中の企業や公的機関にご活用いただいています。
日本では株式会社インターワークがIDRsolutions社の日本総代理店として取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

VIEWING PRODUCTS
BuildVu

PDFをHTML5やSVGに変換

PDFのフォームをHTML5に変換

SDK PRODUCTS
JPEDAL

PDFファイルの表示、変換、抽出

多くの画像ファイル形式を読み書き、変換、操作、処理

    Facebook
    Twitter
    Email
    公式ブログロゴ

    製品に関する記事や開発者のブログ

    PDFファイルに画像はどのように格納されていますか?

    マークは1999年からJavaとPDFに携わっており、NetBeansの大ファンです。カンファレンスでの講演が趣味です。今回は、PDFファイルに表示される画像はどのように格納されているのかを説明します。例えばMicrosoft WordでPNGやJPEGの画像を配置して、PDFファイルに書き出したときどのように画像ファイルは処理されているのでしょうか?

    Javaのバージョンと機能 − Java 9から23まで

    IDRSolutionsのプログラマーで、社内のJavaテストを担当しているKieran氏は余暇はガジェットとコードいじりを楽しんでいます。
    今回、開発者向けブログ記事で、Javaのバージョンとその機能について詳しく解説しています。IDRSolutionsが現在サポートしているJava 8から、今後サポートを検討しているJava 9から23まで、各バージョンで追加された新機能を紹介します。

    PDFが引き起こす、ウェブサイトにおける5つの深刻な課題

    PDFの悩みを一気に解決!BuildVu(ビルドビュー)が実現する、次世代のドキュメント戦略とは?
    レイアウトを保ったまま、検索性やモバイル対応を実現。社内の膨大な情報資産を、誰もがアクセスしやすいHTMLに自動変換。BuildVuで、ビジネスに眠れる情報の力を呼び覚ましましょう!

    PDFファイルを扱うシステム開発・ウェブ開発に役立つ

    開発者向けPDF入門ガイド

    開発者向けPDF入門ガイド

    PDFの基礎から応用まで開発者のための入門ガイド2024年版

    PDF の仕様や活用方法など、開発者に必要な情報がコンパクトにまとめました。初めてPDFを扱う開発者にも分かりやすく、基礎から応用までカバーしているため、PDF のポテンシャルを最大限に引き出し、アプリケーション開発やドキュメント管理の効率化を図るための手引きとなるでしょう。技術的な側面に興味がある開発者だけでなく、ビジネスでPDFを有効活用したい方にもおすすめの一冊です。

    MENU
    PAGE TOP
    ロボット
    PDFソフトウェアの開発に役立つ情報をメールでお届けします