fbpx
Part5:Hello WorldのPDFを作ろう
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part5:Hello WorldのPDFを作ろう

「Part 1: PDFを理解するための第一歩」で、私はPDFファイルを構成するさまざまなオブジェクトについて説明しました。その中で言及したのがストリームオブジェクトです。ストリームオブジェクトは、PDFページの見た目を記述する命令を全て含んでいます。この記事の最後までに、私たちは「Hello World」のPDFを作成できるようになります。そのためには、PDFドキュメントにテキストを挿入するためのストリームオブジェクトを使う必要があります。

読む>>
Part4:白紙のPDFページを自作する
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part4:白紙のPDFページを自作する

準備はいいですか? もう間もなく、あなたは自分自身で制作した輝く真新しい完全な白紙のPDFドキュメントの所有者となることができます。その前に、Part 3ではPDFのボディ部分について詳しく説明します。これらの知識を使って、テキストエディタとバイナリエディタでシンプルな白紙のPDFを実際に作ってみましょう。完成したPDFファイルは、あなたにとって特別な一品になることでしょう。

読む>>
Part 7:色を操るグラフィックスステート
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part 7:色を操るグラフィックスステート

今回は、画面に色を付けてみましょう。その過程で、グラフィックスステート(グラフィックス状態)について説明します。PDFファイルには、グラフィックスステートというデータ構造が関連付けられています。このデータ構造には、グラフィックスの描画方法を記述する情報が格納されます。現在の色や使用可能な色などの値がグラフィックスステートに保存されます。また、現在のクリップ、変換行列、線に対して行える面白い操作、ユーザー空間(PDFの座標系)からデバイス空間(モニター)へのグラフィックスの描画方法を変更するその他の命令など、様々な要素が含まれます。

読む>>
Part 6:パスで図形を描こう
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part 6:パスで図形を描こう

「Part 4: 白紙のPDFページを自作する」で示したように、PDFはストリームオブジェクト内にある一連のコマンドを使って描画されます。これらのコマンドを通じて、PDFビューアーはページ上に表示される全コンテンツを描画する方法を理解できます。この記事では、グラフィックコマンドを探究し、ページ上に数本の線を描画するPDFをテキストエディタで作成します。

読む>>
Part1:PDFを理解するための第一歩
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part 1:PDFを理解するための第一歩

この一連の記事は、PDFの仕組みを実践的に学ぶための学習記録です。PDFを作成するための基本的な要素から説明を始め、最終的にはテキストエディタとバイナリエディタを使って、簡単な「Hello World.pdf」ファイルを自作できるようになることを目指しています。完成したPDFファイルは、同僚や友人に自慢できる成果物になるでしょう。PDFがどのように機能するかを、手を動かしながら学んでいく実践的なツアーになることを意図しています

読む>>
Part3:自作のPDFを作成する
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part3:自作のPDFを作成する

前回はテキストエディタを使ってPDFファイルの構造を作る方法を学びました。今回はさらに一歩進んで、実際にPDFを作ってみましょう。ただし、最初に作るPDFには一つだけ問題があります。それは、実際には機能しないということです。でも心配しないでください。Acrobat PDFビューアが、問題の原因を特定するためのヒントとなるエラーメッセージを表示してくれます。このエラーメッセージを手がかりに、機能するPDFファイルを作るための基礎を学ぶことができるのです。用意するものはテキストエディタと、バイナリエディタ(16進数エディタ)だけ。私はHxDというバイナリエディタを使用しています。

読む>>
Part 2:PDFファイルの内部構造を理解する
PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part 2:PDFファイルの内部構造を理解する

Part 1で学んだPDFの基本構造の知識を土台に、Part 2ではさらに踏み込んでPDFファイルの内部構造を探究します。ヘッダー、ボディ、クロスリファレンステーブル、トレーラーという4つの主要セクションの役割と内容を詳しく解説し、特にオブジェクトを格納するボディ部分に焦点を当てます。PDFの高度な構造の理解を深めることで、ファイル操作の自由度を高めましょう。

読む>>
MENU
PAGE TOP