fbpx

Javaで画像ファイルからGPSデータを取り出す方法

Javaを使って、画像のメタデータから撮影場所を記録するGPSデータを抽出する方法をサンプルコードとともに解説。HEIC、JPEG、PNG、TIFF、WebPの画像形式に存在するEXIFデータから、JDeliを使えば簡単なコードでGPSデータを取得できます。
開発者ブログ

著者 Amy Pearson (IDRsolutions)  翻訳 インターワーク

画像GPSデータとは?

全地球測位システム(GPS)データとは、画像にリンクできる緯度・経度座標のことです。画像のメタデータの一部であり、通常は、その画像がどこで撮影/作成されたかを記録するために使用されます。最近のほとんどの携帯電話では、撮影した画像に自動的にGPSデータが添付されます。

どこにあるのですか?

画像のメタデータであるEXIFデータの一部です。HEIC、JPEG、PNG、TIFF、WEBPの画像フォーマットで見ることができます。画像のメタデータは簡単に見ることができ、画像を閲覧する際にクリックして詳細情報を探したことがある方も多いと思います。JDeliビューアでは、このメタデータを簡単に確認することができます。

JDeliでのメタデータの表示ボタン
JDeliビューアのメタデータ表示ボタン

Javaで画像のGPSデータを抽出する方法は?

Javaで画像からこのデータを抽出する方法はたくさんあります。ImageIO、Apache Tika、または弊社のJDeliライブラリーを使用することができます。
これらはすべて、わずか1行または数行のコードでメタデータを抽出する簡単でシンプルな方法を提供します。

JDeliによる画像のGPSデータを抽出するサンプルコード:
				
					JDeli.getImageInfo(byte[] data);
				
			
Tikaのサンプルコード:
				
					final ImageDetector detector = new ImageDetector();
detector.detect(TikaInputStream.get(Paths.get("file.img")), null);


				
			
ImageIOのサンプルコード:
				
					ImageReader imageReader = ImageIO.getImageReadersByFormatName("ImageFormat").next();
imageReader.setInput(ImageIO.createImageInputStream(new ByteArrayInputStream(byte[] data)), true);
IIOMetadata metadata = imageReader.getImageMetadata(0);
				
			

Javaで画像を扱う開発には多機能・高性能な開発ライブラリー(SDK) JDeliがきっとお役に立つことと思います。JDeliは無料で試用していただけます。画像フォーマット変換の機能や動作速度などを、まずはご自身の環境でご確認のうえ、ぜひ導入をご検討ください。

    Facebook
    Twitter
    Email
    公式ブログロゴ

    製品に関する記事や開発者のブログ

    Javaのバージョンと機能 − Java 9から23まで

    IDRSolutionsのプログラマーで、社内のJavaテストを担当しているKieran氏は余暇はガジェットとコードいじりを楽しんでいます。
    今回、開発者向けブログ記事で、Javaのバージョンとその機能について詳しく解説しています。IDRSolutionsが現在サポートしているJava 8から、今後サポートを検討しているJava 9から23まで、各バージョンで追加された新機能を紹介します。

    PDFが引き起こす、ウェブサイトにおける5つの深刻な課題

    PDFの悩みを一気に解決!BuildVu(ビルドビュー)が実現する、次世代のドキュメント戦略とは?
    レイアウトを保ったまま、検索性やモバイル対応を実現。社内の膨大な情報資産を、誰もがアクセスしやすいHTMLに自動変換。BuildVuで、ビジネスに眠れる情報の力を呼び覚ましましょう!

    PDFってこうなってる? 実践でPDFの内部構造を学ぼう Part 7:色を操るグラフィックスステート

    今回は、画面に色を付けてみましょう。その過程で、グラフィックスステート(グラフィックス状態)について説明します。PDFファイルには、グラフィックスステートというデータ構造が関連付けられています。このデータ構造には、グラフィックスの描画方法を記述する情報が格納されます。現在の色や使用可能な色などの値がグラフィックスステートに保存されます。また、現在のクリップ、変換行列、線に対して行える面白い操作、ユーザー空間(PDFの座標系)からデバイス空間(モニター)へのグラフィックスの描画方法を変更するその他の命令など、様々な要素が含まれます。

    PDFファイルを扱うシステム開発・ウェブ開発に役立つ

    開発者向けPDF入門ガイド

    開発者向けPDF入門ガイド

    PDFの基礎から応用まで開発者のための入門ガイド2024年版

    PDF の仕様や活用方法など、開発者に必要な情報がコンパクトにまとめました。初めてPDFを扱う開発者にも分かりやすく、基礎から応用までカバーしているため、PDF のポテンシャルを最大限に引き出し、アプリケーション開発やドキュメント管理の効率化を図るための手引きとなるでしょう。技術的な側面に興味がある開発者だけでなく、ビジネスでPDFを有効活用したい方にもおすすめの一冊です。

    YouTubeチャンネルはじめました! Intech Solutions クリックしてチャンネルへ!
    MENU
    PAGE TOP
    ロボット
    PDFソフトウェアの開発に役立つ情報をメールでお届けします