fbpx

PDFをHTML5に替えると得られる、7つのメリットとはなにか?
メリット④自動翻訳との相性がバツグンによくなります

ブラウザの自動翻訳のおかげで、気楽に外国語サイトを訪れることができます。しかしPDFだとブラウザは自動翻訳してくれません。これって、見込み客を逃しているのでは? PDFをHTML5/SVGに変換して掲載すれば、これはかんたんに解決します。ブラウザの自動翻訳を利用して、読者を世界に広げてみませんか?
ブラウザの自動翻訳を利用して、読者を世界に広げてみませんか?

自動翻訳でサイトを読んでいる読者のことを意識していますか? すでに多くのブラウザがウェブページの自動翻訳に対応し、デフォルトで自動翻訳がオンになっています。そして外国語のページを自動翻訳で読んでいるネットユーザが多数います。

しかしブラウザでPDFを開いても自動翻訳してくれません。自動翻訳するには、あらかじめ拡張機能をインストールするなどの作業が必要です。実際のところ、PDFを自動翻訳する設定でブラウザを使っている人は世界的に少数派です。

資料、白書、カタログ、取説など、しっかりとした情報をPDFにまとめているわけですから、これを外国の方に読んでもらえないのは大きな損失です。海外の方が商品情報を探しているとしたら、購入を決断するのが「その」PDFコンテンツかもしれません。

HTML5/SVGはブラウザの自動翻訳の対象

外国語に翻訳したPDFをネットに掲載する方法も解決策ではありますが、通常はコストや手間の面からそんなことはできません。しかしPDFをHTML5/SVGに変換してサイトにアップすれば、それだけでブラウザの自動翻訳の対象にできます。

下図(左)は、英語で書かれたPDFをブラウザ(Chrome)で開いたところです。PDFは自動翻訳の対象外なので、ブラウザの右上には自動翻訳のボタンは表示されていません。

下図(右)は、同じPDFをBuildVuでHTML5に変換してアップロードしたHTML5ページを開いたところです。ブラウザの右上には自動翻訳のボタンが表示されています。

自動翻訳のボタンをクリックすると、下図のように自動翻訳されました。

自動翻訳のボタンをクリックすると、下図のように自動翻訳されました

なおPDFをBuildVuで変換し、BuildVuビューアで表示した場合には自動翻訳のボタンが表示されません。画面上で右クリックして、右クリックメニューの「日本語に翻訳」で翻訳できます(下図)。

 

日本語のPDFをたくさんお持ちの企業・役所のみなさま、PDFからHTML5/SVGに変換するだけでできる、外国語ユーザへのアプローチに取り組んでみませんか?

BuildVuについて

BuildVuは、雑誌や図面などをHTML5/SVGで“見た目”どおりに表示するツールとして20年以上の実績があります。PDFからHTML5/SVGへの変換ツール、HTML5/SVGビューアは、ぜひBuildVuにお任せください。
PDFからHTML5/SVGへの変換入門は、こちらをご覧ください

ぜひ今すぐにBuildVuで、あなたのPDFファイルをHTML5に変換してみてください。変換と専用ビューアでの閲覧をこちらからお試しいただけます(メールアドレスの登録不要、無料です)
BuildVuオンラインコンバーター※1
https://www.idrsolutions.com/ja/online-pdf-to-html5-converte

※1 開発元のIDRsolutions社の提供するサービスです。

    Share on facebook
    Facebook
    Share on twitter
    Twitter
    Share on email
    Email
    BuildVuブログ

    HTML変換でPDFを活用するための実践講座

    PAGE TOP
    MENU