MENU

NTRsupport : 導入事例 / 遠方のお客様との製品デモンストレーション

2019年1月1日より電話サポート窓口が終了します。
サポートは上記のボタンからお願いします。

遠方のお客様との製品デモンストレーション

BtoB 分野でのマーケティング支援業務を行っています。戦略の策定からリード収集、分析まで幅広く手掛けておりますが、その中で大手上場企業に多く採用実績のある CRM システムの製品デモンストレーションとサポート用途に NTRsupport を利用しています。

PCリモートツールを導入するきっかけ

接点を求めるお客様とのコミュニケーション手段を考えていました

弊社の営業エリアは主に首都圏で、訪問セールスのほか自社セミナーの開催や展示会出展を中心に営業活動を行っています。事務所は東京 1拠点のため、定例セミナー開催時もやはり参加者は東京近郊の企業のご担当者で占められます。北から西からお越し下さる熱心なご担当者もいらっしゃいますが少数派です。
ですが、自社ウェブサイトの訪問ユーザ層やメールマガジンの購読者層から、現在の営業エリア外でも弊社製品に関心をお持ちの企業が多いことは認識していました。そのようなお客様とどのようにコミュニケーションを図っていくか、解決したい課題がそこにありました。
主要都市に営業所を開設、というのも解決策のひとつですが、コスト面からの判断の結果、既存の部門人員のままで新規アプローチの手法を模索する道を選びました。いくつか手段を検討していく中で、出張セミナーでも各地域の展示会巡回でもない、PC 同士をつなぐだけでお客様に製品を体験いただける PC リモートツールのことを知り、情報を収集し始めました。

NTRsupport を選んだ理由

プレゼンテーションのできる PC リモートツールであること

弊社が PC リモートツールに求めた機能はシンプルです。まず遠隔地と「プレゼンテーション」ができること。遠隔デモンストレーションの構想が浮上したのは、このリモート接続の接続モードを知ったことがきっかけでした。「リモート操作」というとホスト側からクライアント側の PC を操作するイメージが強かったのですが、プレゼンテーションもできる PC リモートツールは調べた限り多くありませんでした。
NTRsupportのプレゼンテーション接続

お客様側の操作がとにかく簡単であること

訪問デモからの経験ですが、決裁権をお持ちの方の中には PC に不慣れな方も多くいらっしゃいます。リモート接続する段階でお客様をまごつかせることがあっては、本来の目的である製品デモンストレーションの印象を損ねかねません。
その場でexeをダウンロード、実行するリモート接続(セッション割当)

NTRsupport 導入による効果

遠隔デモンストレーションの開始で、お客様との接点が拡大

ウェブやメールマガジンでの告知の甲斐もあり、これまでカバーできなかった地域からのお問い合わせが急増しました。既存の営業エリアを越えた地域からのアクセスや読者層の存在は把握していましたので、まさに狙い通りの結果です。
告知ではデモ体験の促進となるよう、無料で気軽に問い合わせられる点を積極的にアピールしていきました。製品に興味はあるけど遠方まで訪問依頼するのは気が引ける…という購買担当者の心理的な障壁をリモートで乗り越えられた、と考えています。

製品サポートのコスト削減も同時に達成

デモのほかにユーザサポートでも使えて、結果として一石二鳥でした。ツール導入検討の段階で話題には上がりましたが、ご契約中のお客様へのサポートは既存の電話・メール対応で充分と考えていました。
製品トライアル中、確認の意味で試験的に操作サポートで利用したところ、お客様の製品操作の理解促進につながる傾向が見られたことに驚きました。併せてスタッフの対応コスト削減にもなりましたので、今では積極的に活用しています。
メールを読んだり話を聞いたりするよりも、手順を視覚的に伝えられるほうが、お客様にとって最も親切なサポート手法である、と感じています。

    PDFファイルをHTMLに変換

    サポート業務でご利用のマニュアルや取扱説明書のPDFをHTMLに変換することで、モバイル、スマートフォンからもドキュメントが見やすくなります