fbpx
Print

Gradleの依存関係として追加する

GradleプロジェクトでBuildVuを使用するためには、jarを依存関係としてプロジェクトに追加する必要があります。この作業は、HTML版でもSVG版でも同じです。

これを行うには2つのオプションがあります。

最初にBuildvujarをプロジェクトのlibフォルダーに追加してから、次のいずれかを実行します。

手動で行う:

このチュートリアルでは、BuildVuのjarファイルの名前が「buildvu.jar」であることを前提としています。トライアルjarを使用している場合は、このステップに進む前にファイルの名前を「buildvu.jar」に変更してください。

まず、BuildVuのトライアルにサインアップするか、カスタマーダウンロードページにアクセスして、BuildVu jarをダウンロードする必要があります。

まず、BuildVu jarをプロジェクトのlibフォルダに追加して、次のいずれかを実行します。

オプション1

flatDirリポジトリと依存関係をbuild.gradleファイルに追加します。


repositories {
flatDir {
dirs 'lib'
}
}
dependencies {
implementation 'idrsolutions:buildvu'
}

オプション2
build.gradleファイルにファイルの依存関係を追加します。


dependencies {
implementation files('lib/buildvu.jar')
}

(テストされたバージョン:Gradle 6.6.1)

リモートMavenリポジトリの使用

  1. build.gradleにログイン情報を入力して、当社のリポジトリをrepositoriesに追加します。
    repositories {
        maven {
         url = "https://files.idrsolutions.com/dl/maven/"
         credentials {
             username "{Your username}"
             password "{Your password}"
         }
    }
    
    トライアル

    試作品をmavenリポジトリ経由で入手したい場合は、代わりに以下のようにリポジトリを設定する必要があります。

    repositories {
        maven {
         url = "https://files.idrsolutions.com/dl/maven/"
         credentials {
             username "{Your Token}"
             password "{Your Token}"
         }
    }
    

    ユーザー名とパスワードの両方がトークンに設定されていることに注意してください。

    オルタナティブ・クレデンシャル

    また、メインのgradleファイルにログイン情報を追加するのは非常に安全ではないので、代わりに以下の方法でリポジトリを追加します。

    repositories {
        maven {
            url = "https://maven.idrsolutions.com"
            name = 'IDRsolutions'
            credentials(PasswordCredentials)
        }
    }
    

    次に、gradle.propertiesファイル(プロジェクトのルートディレクトリにあるものでも、GRADLE_USER_HOMEディレクトリにあるものでも構いません)に、以下を追加します。

    IDRsolutionsUsername={Your Username}
    IDRSolutionsPassword={Your Password}
    

    トライアル

    リポジトリの認証情報と同様に、ユーザー名とパスワードの代わりに、トークンを入力する必要があります。

    IDRsolutionsUsername={Your Token}
    IDRSolutionsPassword={Your Token}
    

    gradle.propertiesファイルの詳細はこちらをご覧ください。

  2. 次に、BuildVuを依存関係に追加します。
    通常のリリース版:

    HTML

    dependencies {
        implementation 'com.idrsolutions:buildvu-html:{version}
    }
    

    SVG

    dependencies {
        implementation 'com.idrsolutions:buildvu-svg:{version}
    }
    

    バージョンは YYYY.MM 形式のいずれかのリリースです(2021.11以降のバージョンのみ利用可能であり、BuildVuの最新バージョンのサポートのみを提供しますのでご注意ください)。

    デイリービルドの場合:

    HTML

    dependencies {
        implementation 'com.idrsolutions:buildvu-html-daily:{version}
    }
    

    SVG

    dependencies {
        implementation 'com.idrsolutions:buildvu-svg-daily:{version}
    }
    

    バージョンは、 YYYY.MM 形式のリリースのいずれかです(最新のデイリービルドのみが保存されます)。

    トライアル版の場合:

    HTML

    dependencies {
        implementation 'com.idrsolutions:buildvu-html-trial:{version}
    }
    

    SVG

    dependencies {
        implementation 'com.idrsolutions:buildvu-svg-trial:{version}
    }
    

    バージョンは最新のリリースで、 YYYY.MM の形式で表示されます。

MENU
PAGE TOP