fbpx
< 前に戻る
Print

Dockerイメージはどのように機能しますか?

BuildVu Dockerイメージは、BuildVuをWebサービスとして実行する簡単な方法を提供します。このイメージは、公式のTomcat OpenJDK11イメージを拡張し、標準で提供されるPDFファイルのサポートに加えて、BuildVuがオフィスドキュメントを処理できるようにするLibreOfficeおよびGoogleNotoフォントを含みます。

Dockerイメージは、BuildVuをRESTAPIを使用してWebサービスとして実行するためのオープンソースラッパーであるbuildvu-microservice-exampleを実行するように設計されています。これにより、サーバーをローカルにセットアップしたり、クラウドプラットフォームにデプロイしたりする簡単な方法が提供されます。

Dockerイメージを実行する前に、buildvu-microservice WAR fileのコピーを取得する必要があります。これを自分で作成するか、当社のWebサイトからコピーをダウンロードできます。 BuildVuトライアルにサインアップするか、顧客のダウンロードページにアクセスして、WARをダウンロードします。

コンテナの起動時にWAR fileをマウントする必要があります。コンテナを起動すると、entrypoint.pyスクリプトが実行され、buildvu-microservice WAR fileがマウントされ、Tomcatプロセスが開始されます。

イメージの実行中は、マウントされたWAR fileを変更または削除しないでください。使用するBuildVuのバージョンを変更するには、コンテナの終了し、マウントされたファイルを変更して、コンテナを再起動するだけです。

BuildVu DockerイメージのソースコードはGitHubで入手できます。詳細については、BuildVuDockerイメージの実行方法のチュートリアルに従ってください。

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

    PAGE TOP
    MENU