fbpx
Print

BuildVu 2021.02 Release Notes

Release date: 23rd February 2021

Next release: 6th April 2021

英語版のリリースノートへのリンク

OpenJDK 8について: 現在OpenJDK 8を使用してBuildVuを実行している場合は、バージョン11以降に更新するか、別のJDKプロバイダを使用することを強くお勧めします。OpenJDK 8 JVM実装のバグにより、OpenJDK 8でBuildVuを実行すると、レンダリングの品質が低下し、イメージコンテンツが失われ、メモリ使用量が増加し、JVMがクラッシュする可能性があります。

機能強化:

[HTML-3450] – IDRViewerの再構築とオープンソース化
IDRViewerがオープンソース(Apache-2.0)プロジェクトとしてGitHubで利用できるようになったことをお知らせします。

オープンソースリリースの準備として、IDRViewerは、拡張性を向上させることを目的として、コードベース内のカプセル化を増やすために大規模な再構築を実施しました。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。BuildVuの改善に必要なご提案をお待ちしております。 この変更により、IDRViewerを拡張してカスタマイズすることが容易になることを願っています。

IDRViewerプロジェクトは、GitHubのidrsolutions / idrviewerにあります。

[HTML-3400] – リンクを検出してリンクを注釈(annotations.json)に書き込む新しい実験モードの提供

ページ内のテキストからリンクを検出し、それらを新しい注釈タイプ “TextLink”(機能的にはLink注釈と同じ)でannotations.jsonファイルに書き込む実験モードが追加されました。

このモードは、HTML内で検出されたリンクをアンカー(<a>)タグとしてハードコードする既存の機能を変更します。
この実験モードの利点は次のとおりです:

  • 検出されたリンクの動作は、注釈処理によってカスタマイズできるようになりました
  • 検出されたリンクがSVG変換(BuildVu SVG)でサポートされるようになりました
  • 複数行のまたがるリンクが検出されるようになりました
  • 合字(ffi / fiなど)が検出されたリンク内で正しく処理されるようになりました

このモードは、”-DexperimentalLinkDetection=true” のシステムプロパティを使用してテストできます。 この実験的な機能に関してフィードバックがあればお知らせください。

[CORE-3713] – Type1フォントのメモリ使用量を改善
メモリ使用量を改善します

[CORE-3716] – .intern()で文字列のパフォーマンスを改善
パフォーマンス/メモリ使用量を改善します

[CORE-3718] – タイプ1フォントの読み取りを改善して、メモリ割り当てを削減
パフォーマンスを向上させます

[CORE-3719] – FastByteArrayOutputStreamのデータ構造のサイズ変更動作を改善
パフォーマンスを向上させます

[CORE-3720] – FastByteArrayOutputStreamの使用を最適化
メモリ使用量を改善します

[CORE-3732] – 特定のファイルのUnicode値の読み取りを最適化
パフォーマンスを向上させます

[JDEL-460] – 内部画像デコーダーのパフォーマンスを改善
パフォーマンスを向上させます

[JDEL-455] – キャッシュでPNGエンコーダーを高速化

 

修正された問題:

[HTML-3441] – 未設定の注釈objrefフィールドのデフォルトは0に
アノテーションにオブジェクト参照がない場合、annotations.json内のobjrefフィールドはデフォルトで “0” になります。 これはオプションのフィールドになり、そのような場合には書き出されません。 詳細については、更新されたAPIを参照してください。

[HTML-3443] – フォントにスペース文字がないため、ドキュメントが読めなくなる問題

[HTML-3451] – JavadocsのドキュメントにconvertPDFExternalFileToOutputTypeがformVu以外にも記載されている問題
convertPDFExternalFileToOutputType設定はFormVuにのみ影響し、これを反映するようにドキュメントが更新されました。

[HTML-3453] – [IDRViewer] 右横書き言語のドキュメントのスライドトランジションスライドが間違った方向にスライドする問題

[CORE-3704] – customer PDFのBMC/EMCクリップが正しく適用されない問題

[CORE-3707] – フォームの順序をフォームサイズに基づいて修正

[CORE-3721] – customer PDFでW2値が正しく読み取られない問題

[CORE-3729] – 一時ファイルの競合状態を処理
他のプロセスがファイルリストの取得時に一時ディレクトリを変更している場合、競合状態によって、デフォルトの4時間よりも若い一時ファイルが削除される可能性があります。

[CORE-3734] – バイト配列の開始時にコメントを許可する問題

[CORE-3735] – クリップが多すぎるとファイルの保存時間が長くなる問題

[CORE-3738] – BuildVuによって作成された一時ファイルのみを削除する問題

BuildVu_SML

こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

MENU
PAGE TOP