MENU

暗号化ファイルに別のプロバイダを使用する

< 前に戻る

BuildVuは暗号化されたファイルを処理するための特定のセキュリティプロバイダを使用することができます。 デフォルトを使用したくない場合(これはほとんどのユースケースに最適です)、
JVM flag – Dorg.jpedal.securityproviderを使用できます。
必要に応じてクラスパスにセキュリティプロバイダを追加することを忘れないでください。

使用例は次のようになります:

-Dorg.jpedal.securityprovider="org.bouncycastle.jce.provider.BouncyCastleProvider"

デフォルトでは、BuildVuは暗号化されたpdfを復号化するために内部にインプリされたシステムを使います。これはセキュリティプロバイダーを指定しない場合に使われます。

Javaのプロバイダについてさらに詳しく知るには、Java Cryptography Architecture (JCA) のプロバイダclassセクション(The Provider Class)をご覧下さい。

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。