MavenプロジェクトでBuildVuを使用する

< 前に戻る

MavenプロジェクトでBuildVuを使用するには、jarを依存関係としてプロジェクトに追加する必要があります。 このプロセスは、HTMLバージョンとSVGバージョンの両方で同じです。

オプション1:

ローカルのmavenリポジトリにjarをインストールします

mvn install:install-file -Dfile=<path-to-file>
-DgroupId=<group-id>
-DartifactId=<artifact-id>
-Dversion=<version>
-Dpackaging=<packaging>

例:
mvn install:install-file -Dfile=<path-to-buildvu-jar> -DgroupId=com.idrsolutions -Dpackaging=jar
-DartifactId=buildvu -Dversion=1.0

依存関係をpom.xmlファイルに追加します。

<dependencies>
<dependency>
<groupId>com.idrsolutions</groupId>
<artifactId>buildvu</artifactId>
<version>1.0</version>
</dependency>
</dependencies>

オプション2:

システムスコープはmavenによって非推奨になっているため、このオプションはPOC(概念実証)をセットアップする場合にのみ推奨されることに注意してください。

BuildVu jarをプロジェクトのlibフォルダーに追加し、pom.xmlファイルに依存関係を手動で追加します。

<dependencies>
<dependency>
<groupId>com.idrsolutions</groupId>
<artifactId>buildvu</artifactId>
<version>1.0</version>
<scope>system</scope>
<systemPath>${project.basedir}/lib/buildvu.jar</systemPath>
</dependency>
</dependencies>

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

    MENU