MENU

GZIP圧縮を有効にする

最終更新日: 6月 27, 2019
< 前に戻る

GZIP圧縮は、WebサーバーからWebブラウザに送信されるコンテンツのファイルサイズを縮小し、ロード時間を短縮するための広くサポートされている方法です。 事実上すべてのブラウザ(IE 6以降、Firefox 2以降、Chrome 1以降など)でサポートされています。

BuildVuで作成されたSVGファイルは、圧縮率の高いGZIP圧縮を有効にすることを強くお勧めします。 私たちのテストでは、いくつかのサンプルファイルが圧縮されたときに80-90%も削減されました。 GZIP圧縮は、Webサーバーが正しく構成されている限り、現代のすべてのブラウザーでサポートされています。

BuildVuを使用するときは、.html、.css、.js、.svg、および.jsonファイルの圧縮を有効にすることをお勧めします。これらのファイルは、BuildVuが生成するすべてのファイルの圧縮形式をカバーするためです。

 

オプション1:WebサーバーでGZIPを有効にする

圧縮を可能にする標準的な方法は、Webサーバー上にあります。 gzip圧縮を有効にする方法を示すチュートリアルでは、SVG MIMEタイプを含める傾向がないので、別のガイドに従っている場合は、image/svg+xmlMIMEタイプに圧縮が適用されていることを確認する必要があります。

ApacheでのGZIPの有効化

.htaccessファイルに次の行を追加します:

AddOutputFilterByType DEFLATE image/svg+xml text/html text/css text/plain text/javascript application/javascript application/json

GZIP圧縮の設定に関するApacheの公式ドキュメントを読む

NGINXでのGZIPの有効化

サーバー構成に以下を追加します:

server {
    gzip on;
    gzip_types      image/svg+xml text/html text/css text/plain text/javascript application/javascript application/json;
    gzip_proxied    no-cache no-store private expired auth;
}

GZIP圧縮の設定に関する公式のNGINXドキュメントを読む

IIS上でのGZIPの有効化

GZIP圧縮の設定に関する公式のIISドキュメントを読む

 

オプション2:変換時にGZIPを有効にする

SVGではなくSVGZを生成するようにBuildVuを設定することもできます。(SVGZファイルはGZIP圧縮されたSVGファイルです)。
GZIP圧縮SVGをあらかじめ生成すると、Webサーバがファイルを圧縮する必要がなくなりパフォーマンスが向上し、便利です。

重要:ブラウザがファイルを正しく読み取るためには、SVGZファイルにContent-Encoding gzipヘッダーが付いていることを確認する必要があります。

コマンドラインからBuildVuを実行している場合はJVMフラグ-Dorg.jpedal.pdf2html.compressSVG=trueで、JavaからBuildVuを実行している場合はHTMLConversionOptionsオブジェクトまたはSVGConversionOptionsオブジェクトでsetCompressSVG(true)を呼び出して、SVGZ生成を有効にできます。

Apacheから生成されたコンテンツを提供する場合は、.htaccessファイルに次のものを追加する必要があります。

AddType image/svg+xml svg svgz
AddEncoding gzip svgz

 

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。