MENU

BuildVu October 2019 Release Notes

最終更新日: 10月 31, 2019
< 前に戻る

Release date: 29th October 2019

Next BuildVu release: 10th December 2019

英語版のリリースノートへのリンク

機能強化:

[HTML-3306] – 大きな画像出力のための実験的なオプション
テスト用の実験オプションを追加しました。これにより、画像サイズを拡大して、より高品質のズームが可能になります。

コマンドラインからBuildVuを実行する場合、システムプロパティ -DexperimentalImageScale=value を使用して有効にできます。ここで、valueは1より大きい浮動小数点数です。
例えば。 -DexperimentalImageScale=1.5 は、標準サイズの1.5倍の画像を生成します。

ファイルサイズは、画像のスケールとともに指数関数的に増加することを覚えておくことが重要です。
たとえば、画像を2倍にスケーリングすると、実際にはピクセル数が4倍になります。

したがって、1.5または2などの値をお勧めします。

ファイルサイズを小さくするために、画像はPDFのソース画像より大きく生成されません。
たとえば、元の画像が150×150の場合、experimentalImageScale値を増やしても150×150を超える画像は生成されません。

現在、この設定は実験段階であり、実装を完了するためにテストできるようになっています。
次のリリースでこれを標準オプションとして追加する予定です(設定名が変更されます)。

[JDEL-281] – PNG圧縮アルゴリズムをBEST_SPEEDからBETTER_COMPRESSIONに変更
PNGファイルのファイルサイズが小さくなりました。 これは、外観に変化のないロスレス圧縮です。 PNGファイルは約13.5%小さくなり、変換速度はわずかに低下します。

[CORE-3477] – SBW / HSBWの前にDIVコマンドでフォントのサポートを追加
無効なフォントを表示しないように、技術的な回避策を追加

修正された問題:

[CORE-3496] – 画像の外側に白い線が表示される
Adobe Indesignで作成した雑誌でよく見られる問題を修正

[HTML-3282] – イメージテキストモードでの画像のクリップがきつすぎて、一部が消えてしまう
画像のエッジが過度にクリップされる問題を修正

[HTML-3294] – グレースケール画像が明るくなってしまう問題
色変換の問題を修正

[HTML-3295] – 不可視の文字が引き起こす不正なテキストストロークの外観
文字を見えなくしていた、ストロークと塗りつぶしの間違った順序が修正されました。

[CORE-3481] – ファイルを開こうとするとAESエラーになる問題

[CORE-3470] – リンク注釈の周りのボーダーがなくなる問題(設定されている場合)

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。