fbpx
Print

BuildVu 2022.04 Release Notes

Release date: 19th April 2022

Next release: 31st May 2022

英語版のリリースノートへのリンク

お知らせ:
Java 18: BuildVuはJava 18 (2022年3月リリース)に対してテストを行い、問題は見つかりませんでした。

Internet Explorer11のサポート終了についてのお知らせ:

マイクロソフトは2021年5月、Internet Explorer 11のサポートを2022年6月に打ち切ると発表しました。2021年末にお客様と相談した結果、BuildVuでのInternet Explorerのサポートを段階的に終了する時期が来たと判断しました。

Internet Explorerとの互換性が目標とされるBuildVuのリリースは、BuildVu 2022.03が最後となることをここに発表いたします。これにより、BuildVuの開発をより高速に行い、理解しやすく保守しやすい最新のブラウザAPIを使用したコードを書くことができるようになります。

機能強化:

HTML-3622 [IDRViewer] IDRViewer UI テンプレートが大幅に更新され、CSS と JavaScript の依存関係が index.html ファイルに直接バンドルされるようになりました。

これにより、index.htmlファイルは自己完結型となり、以前のように/assets/ディレクトリの外部アセットに依存することがなくなりました。

重要:/assets/ディレクトリはBuildVuのコンバージョンの一部としては生成されなくなりました。index.htmlファイルをカスタムバージョンに置き換える場合、/assets/ディレクトリにある必要な依存関係も追加する必要があります。

 

テンプレートはWebpackを使用してコンパイルされるようになりました。これに関する情報は、GitHubのIDRViewerプロジェクトに掲載されています。

HTML-3628 [IDRViewer] Complete UIにおけるブックマークサイドバーパネルの見栄えを改善しました。(セクションを展開/折りたたみ可能にしました)

ブックマークの改善

HTML-3624 [IDRViewer] コンプリートUIの検索サイドバーパネルを更新し、検索結果ハイライト間の前方および後方移動をサポートしました。

検索結果の表示を改善

HTML-3615 [IDRViewer] カスタマーファイルの欠落したリンクを修正するAAアクションを使用するWidgetアノテーションのサポートを追加しました。

HTML-3612 [IDRViewer] URIリンクのアノテーションにJavaScriptのイベントではなく<a>タグを使用するようにアノテーション機能をアップデートしました。

HTML-3626 文書変換を妨げる予期せぬ例外が発生した場合、例外を再スローせずにコンソールにログを記録する代わりに、PdfExceptionをスローするように例外処理を更新しました。

CORE-3865 行頭の文字が潰れてしまうお客様のファイルを修正する、不正なフォントを扱う回避策を追加しました。

CORE-3863 CIDFontType2として不正に埋め込まれたCFFベースのCIDフォントを処理するためのワークアラウンドを追加し、顧客ファイル内のテキストの欠落を修正しました。

CORE-3857 PDF ドキュメントカタログの /Lang 値が不正で、ドキュメントの変換を妨げる例外を処理するための回避策を追加しました。

CORE-3856 JAR内の不要なファイルを削除しました。

修正された問題:

HTML-3638 compressImagesの設定が無視されていたのを修正しました。

HTML-3637 SVGテキストモードで、変形したパターン/シェードテキストが見えない問題を修正しました。

CORE-3862 JBIG2デコーダーの例外による画像の欠落を修正しました。

CORE-3861 パターンタイリングのコードで解像度を上げると、画像が過剰にピクセル化する問題を修正しました。

CORE-3843 フォームフォントのパース時に例外が発生し、文書の変換ができない問題を修正しました。

MENU
PAGE TOP