一部のファイルでわずかに白い線が表示されるのはなぜですか?

< 前に戻る

PDFをHTML 5またはSVGに変換すると、非常に小さなファイルのサブセットで、生成された出力にわずかに白い線が表示されることがあります。白い線は、元のPDFファイルではそれほど見えないこともあれば、ズームインまたはズームアウトしたときに表示または非表示になることもあります。

かすかに白い線が表示される

これは、PDFファイルでクリップの許容範囲が非常に狭い場合に発生し、通常は画像を小さなタイルに分割するファイルで発生します。InDesignで作成されたファイルでよく見られますが、画像がこのように分割されることがある理由はよくわかりません。

これらのファイルは、スキャン変換と呼ばれるPDFの機能に依存しています。スキャン変換はレンダラによって制御される処理で、内容が部分的にオーバーラップしている場合にピクセルをペイントする方法を決定します。

PDF仕様では、コンテンツがピクセルと部分的にしか重なっていない場合でも、ピクセル全体をペイントするためのスキャン変換を非常に寛容にすることを求めています。しかし、HTMLとSVGに変換するということは、コンテンツのレンダリングをWebブラウザに依存することを意味します。これは残念ながら、このプロセスを制御できないことを意味します。

そのため、PDFをHTML 5やSVGに変換するときには、わずかに白い線がより目立つことがあります。これは、例えれば。異なる言語へ翻訳するときに、特定の単語やフレーズがうまく翻訳が行われないことがありますが、これはそのようなことに近いです。

2020.07リリースでは、トレードオフを行いました。 画像を事前にクリッピングする代わりに(サブピクセルレンダリングをより詳細に制御できる場合)、画像クリッピングをSVGに移動しました。 これにより、画像サイズを80%縮小する代わりに、部分的な白い線がより目立つようになりました。 詳しくはこちらをご覧ください。

古いソリューションに依存していて、構成オプションで引き続きサポートする必要があるかどうかをお知らせください。

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

    MENU