MENU

コマンドラインからBuildVuを実行する

コマンドラインからBuildVuを直接実行することができます。これは、別の言語やスクリプトからコンバータを実行するのに便利です。

前提条件:

クイックスタート:

java -Xmx512M -jar buildvu.jar /inputDirectory/ /outputDirectory/

Xmx値を増やすことにより、より多くのメモリを提供することができます。

HTMLまたはSVGモード?

デフォルトの出力モードはHTMLです。 より正確な変換を提供する100%SVGコンテンツを生成するには、
-Dorg.jpedal.pdf2html.svgMode=true を設定できます。

java -Dorg.jpedal.pdf2html.svgMode=true -jar buildvu.jar /inputDirectory/ /outputDirectory/

 

IDRViewerとコンテンツモード

デフォルトモードでは、IDRViewer内で文書が生成されます。 独自のカスタムソリューション内で使用されるページそのもののコンテンツだけを生成するには、-Dorg.jpedal.pdf2html.viewMode=content を指定します。

java -Dorg.jpedal.pdf2html.viewMode=content -jar buildvu.jar /inputDirectory/ /outputDirectory/

 

設定方法

コマンドラインから実行する場合、設定はシステムプロパティを渡すことによって制御されます。
利用可能な設定とその値はJavadocにあります。 主要なクラスは次のとおりです:

java -Dorg.jpedal.pdf2html.compressImages=true -jar buildvu.jar /inputDirectory/ /outputDirectory/

 

暗号化されたPDFファイル

BuildVuには暗号化されたPDFファイルを解読する機能が含まれていますが、代わりのプロバイダを指定する場合は、-Dorg.jpedal.securityproviderを使用して引き続き行うことができます。 必要に応じて、クラスパスにセキュリティプロバイダを追加することを忘れないでください。

-Dorg.jpedal.securityprovider="org.bouncycastle.jce.provider.BouncyCastleProvider"

 

Officeドキュメントのサポート

BuildVuの主な機能はPDFファイルをHTML5に変換することですが、OfficeドキュメントをHTML5に変換するには、LibreOfficeを使用してオフィスドキュメントをPDFに変換しておくこともできます。

LibreOfficeをインストールしたら、システムプロパティとしてLibreOffice実行可能ファイルへの絶対パスを渡して、コマンドラインからOfficeドキュメントをHTML5に変換できるようにします。

java -Dorg.jpedal.pdf2html.libreOfficeExecutablePath="/path/to/soffice" -jar buildvu.jar /inputDir/ /outputDir/

変換するオフィス文書と同じファイル名のPDFファイルがすでに存在する場合、変換に失敗します。

フォントで起こりうる問題

LinuxでLibreOfficeを実行している場合、Linuxで利用できないフォントを使用すると、一部のファイルが正しく変換されないことがあります。 欠落したフォントを代替フォントに置き換える可能性を高めるには、Google Notoフォントをインストールすることをおすすめします。

最終更新日: 7月 10, 2018
BuildVu_SML

こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

to-top