BuildVu Dockerイメージでの実行方法

< 前に戻る

BuildVuには、idrsolutions/buildvuと呼ばれるDockerイメージが用意されており、簡単に開始できます。 このDockerイメージを使用すると、BuildVuを使用して単純なREST APIを使用して変換を実行できるコンテナーを開始できます。

このイメージは、Dockerがインストールされているクラウドプラットフォームまたはサーバーから使用できます。 独自のサーバー/インフラストラクチャでDockerイメージを使用する手順については、以下を参照してください。

Dockerをインストールしてから、次のようにコンテナーを実行します。

トライアル版:

docker run -p 80:80 --env TOKEN=<TRIAL TOKEN>  idrsolutions/buildvu

製品版:

docker run -p 80:80 --env LICENSE_USERNAME=<YOUR USERNAME> --env LICENSE_PASSWORD=<YOUR PASSWORD> --env PRODUCT=<[buildvu|buildvu_html|buildvu_svg]> idrsolutions/buildvu

追加の環境変数ACCESS_USERNAMEおよびACCESS_PASSWORDを提供することにより、ユーザー名やパスワードを設定できます。

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

    MENU