BuildVuで注釈(アノテーション)はどのように機能しますか?

< 前に戻る

注釈(アノテーション)は、外部ハイパーリンク、他のページへのリンク、ポップアップ、テキストのハイライト、オーディオ/ビデオ、またはページコンテンツに追加される他のタイプのマークアップなど、PDFファイル内のインタラクティブな要素に使用されます。

注釈は、ページコンテンツ自体の一部と見なされるべきではありません。 代わりに、それらはページの上部にある要素です。 多くのPDFビューアでは、通常、注釈を追加、変更、または削除できます。

一部の種類の注釈はインタラクティブであり、たとえば、ドキュメント内の別のページに移動したり、現在のズームレベルを変更したり、ポップアップを開いたりすることで、ビューア自体と対話する場合があります。

BuildVuでは、annotations.jsonというファイル内に注釈を生成することを選択しました。 これは最も拡張性の高いソリューションであり、サポートするアノテーションタイプを選択し、独自の実装を定義し、アノテーションを簡単に追加または削除し、変換されたコンテンツを中心にカスタム機能を構築できます。

将来のリリースでは、ページコンテンツ自体にいくつかの注釈タイプをハードコーディングできる設定を追加する可能性があります。 これは、可能な限り最も単純な既製のソリューションを探しているユーザーから時々寄せられる要求です。 これに関心があるかどうかをお知らせください。この機能が追加されたかどうか、いつ追加されたかをお知らせします。
※この設定はIDR Viewerを利用しない場合にanotations.jsonを使わずにSVG/HTMLファイルにanotationsを書き出し、注釈を表示することが可能になります。

ドキュメントがWebサーバーからロードされる場合、注釈はIDRViewer内でサポートされます。 セキュリティ上の理由から、Webブラウザはannotations.jsonファイルがローカルファイルシステムからロードされないようにします。

IDRViewer内で使用される注釈をロードおよび表示するための標準実装を提供します。 この実装は、提供されたとおりに、インスピレーションを得るために、または独自のカスタムソリューションの基礎として使用できます。

Annotations.jsonファイルの構造の詳細については、次を参照してください。

Annotations JSON API – アノテーションJSON API

    BuildVu_SML

    こちらはBuildVuご利用者専用のサポートです。一般のご質問は製品ページからお願いいたします。

    PAGE TOP
    MENU